多様な可能性秘めた動画配信を効率化する動画パッケージサービス

情報発信手段としての動画配信は今や常識

高速通信網の整備と再生環境の普及により、情報を動画の形で発信するスタイルがすっかり定着しました。今では誰でもその気になればインターネット回線を使って手軽に動画配信が可能な時代です。動画投稿サイトではアマチュアの撮影した多彩な動画が公開されています。企業ホームページにもイメージビデオや商品紹介動画が埋め込まれているケースは少なくありません。

個人がお金をかけずにこうした動画を配信するには一定のスキルも必要です。動画パッケージサービスを利用するすれば、専門知識がなくても簡単に動画を作ったり配信したりすることができます。企業や団体はこうしたサービスを使って動画を効果的なPR手段に使っているのです。

機能豊富な動画パッケージサービス

配信すべき動画を撮影済みの場合は、動画パッケージサービスの管理画面でアップロード操作を行います。面倒なエンコード作業からストリーミング配信まで自動的に進められるケースが多く、忙しい企業には便利なシステムです。

現在提供されているサービスの多くは、PC以外にもスマートフォンやタブレット端末に対応しています。マーケティングに役立てるための視聴解析や、動画配信日時・公開方法の制限も管理画面から実施できます。動画を自社サイトに掲載するだけでなく、動画投稿サイトに公開することで多くの人に見てもらうことが可能になります。動画保存容量の多いサービスほど高画質な動画で企業や商品の魅力をPRできるのです。

動画配信のさまざまな活用方法

ライブ配信機能を持つ動画パッケージサービスを利用すれば、イベントや講演会の中継などに可能性が広がります。ライブ配信の録画機能があればさらに万全です。録画したセミナー等の動画を有料配信したり、多くの人に会場の熱気を伝えるといった利用法が考えられます。こうした動画配信は社内研修や会議中継といったビジネス目的の他、学習塾や大学などのeラーニング授業にもよく使われているのです。

さまざまな活用法が考えられる動画配信の技術を上手に使って、情報発信力を高めていくことが時代のトレンドとなっています。業務に忙しい企業が動画を効率的に配信していくためには、機能豊富な動画パッケージサービスの利用は欠かせません。

ストリーミングとは、動画などの配信方法の一つです。以前はファイルのダウンロード完了後に動画の再生が行われましたが、この方式は、ダウンロードと再生が同時に行われます。