様々な知識が必須となる新入社員研修について

数字の扱いも大切です

新入社員研修を受けると数字の記し方に違いが出て来るのです。ビジネス用語の形での数字の記し方は全世界共通ですから、アメリカ合衆国や英国などで契約書に記帳する金額の数字で戸惑わなくてすみます。加えて、数字は日常生活で活用されるものですが、研修の受講した人の数字は世間一般から見てもわかるためミスがおこりません。その上、伝票なども間違いが生じませんので、新入社員研修で数字についての研修が行われることは意味があります。

上司との接し方も身に付きます

勤務場所に勤務するようになると、上司と一緒に出ていくことがあります。初期はカバン持ちでお供をするだけですが、タクシーなどに乗ることがあります。この際、新人社員はどちらに座れば良いか戸惑うものです。新入社員の研修は、こういった状況をイメージして、理想とする姿を教育します。自動車だけではなく、得意先に営業推進で上役と訪問して応接室に案内された時に、いずれに座ればよいかも困ります。勤務場所は思いの外このような内容の場面がたくさんございます。

書類の取り扱いは重要ポイントです

会社は、ありとあらゆる必要書類が秘密になります。それを達成するためにも、机の上にはテキストや必要書類を残して家路につくわけにはいきません。あらためていうまでもなく、身近な所や机の上を整理するという必要が、あるのです。外側より届くレターやテキストも、同様の扱いになります。文書を受けた時の一連の流れや、上司に提示をする処理は、ビジネスマナーと考えられるものです。こういったことも、研修が必要といえます。

社員研修とは、雇用者が求める職務を労働者に必要な技術や知識を教育するために企業が行う研修のことです。