レンタルサーバーを利用して自由なウェブサイトを作ろう!

無料ホームページサービスとレンタルサーバーの違い

個人でホームページを作成したいと思うと無料のホームページスペースがまず思い浮かびます。最近は無料といっても機能も充実し、パソコン上でHTMLを作成してからアップロードなどしなくても、ブラウザ上で表示結果をプレビューしながらウェブページを作成できたり、有料サービスながらもcgiやデータベースも利用できるようになりました。それでは、わざわざレンタルサーバーを選択する意味はどんなところにあるのでしょうか。

低リスクで自分だけのサーバーを持てる強み

レンタルサーバーには無料スペース以上の自由度があるのが大きな違いです。サーバーとしての機能をほぼ自由に利用できるため、無料ホームページスペースでは利用できない.htaccessといったサーバー設定の書き換えや、シェルスクリプトといったOSの機能まで利用することができます。また、データベースを使用できるサービスもあるので、これらの機能を利用してウェブ通販サイトの作成やオンラインゲームのサーバーを構築することも可能です。そしてサーバー管理、バックアップといった面倒もある程度運営会社に任せることができるのも楽な点です。

自由には責任が伴うこともしっかり認識しましょう

レンタルサーバーには自由があります。しかし、それだけ責任を負う部分も出てきます。個人向けのレンタルサーバーでは一台のサーバーマシンを複数のユーザーで共有して運用しています。そのためバグを持ったシェルスクリプトでサーバーに負荷をかけてしまったり、大量のデータベースアクセスなどでネットワーク帯域を占有してしまうとレンタルサーバーの運営会社から警告を受けることもあり、最悪強制退会やより高額ながらもさらに一人で一台のサーバーマシンを使用できるような法人向けのプランへ移行を促されることがありますので注意が必要です。

レンタルサーバーを取り扱う業者が多く存在するので、ランニングコストや性質を把握して契約する必要があります。