web制作を楽しむことが仕事に繋がることもあります!

web制作の大原則としては

まず、web制作は趣味でやるのか、仕事でやるのか、ということによって、方向性が違ってきます。趣味でやるならば、一つのことに固執をしないで好きなように色々と試してみるのが大事です。そうすれば、それが技術となり経験となります。趣味であるからこそ、失敗してもよいわけです。それがweb制作の醍醐味とも言えることになります。趣味ですから、それこそ、作りかけで放置をしてもよいわけです。そこに責任がないので、好きに楽しめます。

仕事としてやる場合は

仕事としてやる場合は、さすがにそうしたことはないです。しっかりとクライアントの求めるサイトを作り上げる必要があります。ここで難しいのが技術的なことよりも、相手が求めている方式や形が必ずしも訪問者を増やすことに繋がらないことにあります。それは折衝を重ねていくうちに徐々にわかるようになります。経験はこちらにあるわけですから、クライアントの要望通りに作るのは当たり前ですが、同時にアドバイスをすることも求められます。

目的がはっきりとしているサイト

目的がはっきりとしているサイトはかなり作りやすいです。具体的にいいますと売りたいのか、情報を発信するだけなのか、企業活動などを告知したいのか、というあたりが多いです。最終的には多くの人に見てもらう、と言うことは一致しています。人が少ないよりは多いほうが良いからです。掲示板などがあるようなサイトはそこの管理もしないといけないので意外と大変になります。ですから、その分の費用も計上することになります。そこは必須です。

web制作は非常に奥が深いものです。デザインやユーザビリティはもちろん、SEO対策が非常に重要になります。自分本位ではなくユーザーの目線で作成する事を心掛けましょう。