これだけで見やすく!ウェブ制作のひと工夫

見やすいウェブページには多くのメリットが

ウェブページを作るうえで必要になってくるのがhtmlファイルです。htmlを書き、それをサーバーにアップロードすることで世界中の人が見れるようになります。最近では無料のサーバーも増えているので、初心者でも気軽に始めることができます。その一方、htmlを使ってウェブページを作っていると普段見ているものより質素で見にくくなります。見やすいホームページは多くの人が訪れ、好印象を与えます。さらに必要としている情報をすぐに見つけることができるので、メリットが多いです。

htmlだけでは足りない

ウェブページを作るうえで、htmlは必要ですが、それだけでは足りません。普段見ているような見やすいホームページは、ほかの言語を取り込んでいます。その例として、cssや、javascriptなどがあります。ほぼすべてのブラウザーが対応しているので、非常に多くの人にとって、見やすいウェブページが作れます。html内に書き込んだり、外部から取り込んだりして、html内の様々な要素を自由にカスタマイズすることができます。

活用すれば多くのことができる

html以外の言語を取り込むことで、様々なことができます。あらゆる要素に色を付け、形を変え、さらに動かすこともできます。cssは覚えるのが簡単なので、おすすめです。cssを使うことで、配置などの見た目を変えることができるほか、画面の大きさによってデザインを変えることで、スマートフォンに対応したウェブページを作ることができます。javascriptは難しいですが、本格的なプログラムが組めるので、できることが非常に多いです。このように、工夫をするだけで、多くの人が訪れるウェブページを作れます。

コーディングは仕様書を読んでプログラムを作成する仕事です。このように制作されたものをソースコードと呼びます。