どれを選べばいいの?パソコン選びのポイント

パソコンを比較する主な基準

パソコンを利用する目的は様々です。インターネットを利用することもできますし、仕事用の文書を作成することもできます。また、ゲームをするのに使う人もいます。このほかにも多くの目的があり、それによって選ぶパソコンも変わってきます。ネットや文書作成程度であれば、安いものでもできますが、ゲームをしたり、動画編集をしたりする場合は高スペックのものを選ばなければなりません。自分の目的に合ったものを選ぶポイントを説明していきます。

ノートとデスクトップどちらが良いか

パソコンは大きく分けてノートとデスクトップがあります。これらの違いについて説明します。ノートパソコンは持ち運びが可能で、軽量で場所を取りません。また、最近のものではカメラやタッチパネルなどがついており、様々なことができます。一方、デスクトップは画面が大きいので作業の効率が上がります。また、画面と本体が分離したタイプのものは、分解が容易で、メモリの増設やハードディスクの交換も簡単にできます。よって、持ち運びの有無で決めるのがよいでしょう。

スペックの目安について

スペックはパソコンの性能を左右する部品の数値上の性能のことです。特にcpuとramとromは重要です。しかし、値段とスペックはほぼ比例するので、単純に値段が高いほど高スペックと考えてよいでしょう。インターネットを利用したり、文書を作成したりする場合は、5万円程度のものがよいでしょう。動画編集をする場合は10万円程度、こうグラフィックのゲームをする場合は15万円程度がおすすめです。自分に合ったものを選び、快適にパソコンを利用しましょう。

パソコンは世の中の至る所に普及している電子機器です。学校や会社などをはじめとして、多くの場所で利用されています。