ホームページでやらないほうがよいこと!3選

重いページは嫌われるのです

ホームページ制作がどんどん容易になっています。今はブログと言う日記形式の物が人気になっていますが、これでも注意するべきことがあります。それは重くなることです。つまりは、画像などをふんだんに使い、そして、動画も公開することもあります。これは非常に容易にできるようになっていたのも要因ですが、パソコンのスペックが高くなったのも理由になっています。ですが、可能な限り、重い動画は避けるべきです。軽くする方法がありますから、それを活用するべきです。

音を流すことは避けるべき

ホームページによっては、音楽を流しているところもあります。別に極端に悪いわけではないですが、嫌がる人が多いです。それに著作権フリーの物を使う必要がありますし、音が出ているからといって喜ぶ人も殆どいないです。個人的にやりたいのであれば問題はないですが、特に物凄く拘っていないのであれば、やめたほうが良いです。自分の良し悪しよりも見る人を慮って、制作するのが閲覧者を増やすコツになりますから、覚えておくとよいです。

方向性をよく決めることです

企業のホームページであれば、自社のことだけを書いていればよいです。何かと面白いコンテンツを作るのも検討はするべきですが、あくまで自社のことを知ってもらうのが大事です。しかし、個人のホームページの場合は方向性をかなりしっかりと持っていたほうが良いです。その方が固定閲覧者を獲得できるようになります。やってはいけないのはあちらこちらと話題を増やしすぎることです。これをすると方向性を見失い、見る価値がないと思われてしまうわけです。

ホームページ作成は、専門業者へ依頼することも可能で、よりこだわりを持ったデザインや使い勝手の良さなどを実現できます。