インターネットによるビジネス革命を象徴するecサイト!

ビジネスのあり方を激変させたインターネット

インターネットという全世界規模でのネットワークの普及は、ビジネスのあり方を劇的に変えてしまったと言えるでしょう。このことを端的に象徴しているものが、ecサイトと呼ばれているものです。ec(electronic commerce)とは「電子商取引」のことですが、わかりやすく言えば、インターネット・ベースで行われる商取引ということで、インターネットという全世界的なコンピューターネットワークをベースとして、商取引を行うことを指しているのです。

ecサイトの代表選手であるネットショップ・サイト

インターネット上には、世界各国でこのecサイトが続々と構築されて、全世界にまたがるグローバルなネットワークであるインターネットという環境のままに、世界規模でのビジネスが展開されているのです。その代表的なものが、ネットショップと呼ばれているネット通販サイトであり、国際宅配便とタイアップして、全世界規模でネット通販ビジネスを展開している企業の中には、既に世界的な巨体企業に成長しているところもあります。

ネットショップ・サイトだけがecサイトではない!

しかし、そうしたネットショップだけがecサイトというわけではありません。ネットバンキングを始めとして、インターネットというネットワークをベースとしてビジネスを展開するために設けられているサイトは、全てecサイトであると言えるからです。太平洋を挟んでアメリカとインドの企業が合弁ビジネスを展開できているのも、インターネットというネットワークを介しているからこそであり、この合弁ビジネスのためのサイトもまた、ecサイトであるのです。

ecサイトとは現実に店舗を構えるのではなく独自運営のインターネット上で販売することでecサイト構築はそのウェブサイトを作ることです。